当サイトでは、ペット火葬で可能なサービス内容を紹介していきます。
ペット葬儀サービス会社によって24時間対応なのか、予約制なのかは異なってきます。
また、自分のペットだけの火葬や返骨を希望する際は個別葬、他のペットと一緒に火葬したり立ち合い、返骨を希望しない場合は合同葬というように種類は色々あります。
自分が利用しようと思っている業者がどんなサービスを提供しているのかは自分の目で確かめる必要があるでしょう。

ペット火葬で可能なこととは?サービス内容を紹介

ペット火葬で可能なこととは?サービス内容を紹介 ペット火葬で利用可能なサービスの一つに、メモリアルカプセルというものがあります。
このサービスは合同葬だとお骨が混ざってしまいどのペットの骨かわからないので、個別火葬を選択された方が利用できるものです。
メモリアルカプセルはペットの遺骨の一部をカプセルに入れて、キーホルダーやネックレスとして肌身離さず持ち歩くことが出来ます。
ペットの存在を身近に感じながら供養することが出来ます。
ペット火葬のサービスは他にはお骨のお預かりがあります。
納骨堂に遺骨を納骨することや、慰霊碑を作成してもらうことが出来ます。
個別棚か合同棚にするか、慰霊碑にペットの名前を彫刻してもらうかによって値段が異なってくるので、利用する方の選択次第で分かれます。

動物が亡くなった場合はペット火葬を利用しよう

動物が亡くなった場合はペット火葬を利用しよう 飼っているペット・動物が亡くなった場合はペット火葬がおすすめです。
行政サービスでもペットなどを引き取ってくれるケースはありますが、遺骨がかえってこなかったなど、後悔されている方があります。
この点でペット火葬サービスですと、きちんとご遺族の方が参列して遺骨を持ち帰ることも可能です。
このようなサービスは一般的に動物霊園を探すと、取り扱っているケースが良くあります。
人が亡くなった場合と違って色々判らないことも多いでしょうし、中には注意したい悪徳な業者もあるので、気を付けてください。
選ぶ際にはペット火葬について実績があり、できれば移動式などではなく本社を構えているようなサービスが好ましいはずです。
また霊園の場合は火葬だけではなくて、葬式や納骨の他に永代供養にも対応しているケースが多くなっています。
これらはワンストップで相談できる方が便利ですし、トータルの費用もわかりやすいためおすすめです。
なお近年は犬や猫と言ったスタンダードなペットだけではなく、馬や豚など大型になる動物を飼育している方も増えてきました。
これらの大型種や鳥類などは、都道府県知事から許可された「死亡獣畜取扱場」において、火葬などをすることができます。

ペット火葬の種類にはどのようなものがあるのか

ペット火葬は人間とは異なり、細かな法律はありません。さらにペット火葬には自治体とお寺、民間企業の3つが運営主体となっておりさらに、火葬から埋骨まですべて一任する方法と、人と同じように火葬に立ち会う方法とがあります。
供養もまた様々な種類があり、合同供養塔へ納骨を行う共同供養や専用の墓地や霊園を利用した個別供養、自宅で遺骨を保管しておく自宅供養などとなっています。
ペットにおいても火葬が基本となっており、自治体や寺、民間企業に依頼をしなくてはなりません。自治体の場合ペットの遺体は法律上一般廃棄物に分類されており、飼い主が依頼をすることにより有料で各自治体の焼却炉で処理をしてもらうことができます。
その際返骨されることはありません。お寺や民間企業ではペット専用の火葬場を設けていることが多く、一体で個別で火葬することが可能です。
お寺ではお骨上げや読経にも対応しており、人と同じように弔うことができます。

ペット火葬では参列者の人数を確認しておく

ペットを飼育している家庭は多く、家族の一員として大切にしているケースがとても多いです。昔と比べて家族と考えるからこそ、亡くなった際は人と同じようにペット火葬を利用する場合もあります。火葬を行うことでしっかりお別れをするだけでなく、今後も供養する事が可能です。
ペット火葬自体を行っている業者は多くありますが、利用する際にポイントになるのが参列者の数です。移動式タイプの火葬の場合は家族全員が参列する事が出来るケースは多いですが、葬儀業者で行う場合は人数に制限があるケースも多くあります。
葬儀業者を利用しての火葬の場合は、立ち会う事ができる参列者の人数を事前に確認する事が大切です。 家族全員が無理であれば代表者を決めて、しっかり最後のお別れに立ち会う事がポイントになります。
利用する火葬業者によっては個別火葬など様々なプランがあるので、プランによって参列できる人数に違いがあるので納得できるプランなどを選ぶ事もポイントの1つです。

ペット火葬で起こりやすいトラブルと対処法

大切なペットが亡くなった場合、人と同じようにペット火葬を考えます。ペット火葬で起こりやすいトラブルとして一番多いのが料金に関するものであり、必要以上に高額な金額となることがあります。
初めに提示した金額よりも高くなることもあり、支払わないと火葬を途中でやめるなどと言われることもあり、注意が必要です。
また最初の打ち合わせ段階で話し合いがきちんとなされていない場合、火葬方法に違いが生じてしまい意図する方法で行われないこともあります。
合同で火葬を行ってしまった場合はお骨は返却されないことがあり、ペットのご遺骨を戻してほしくても戻ってくることはありません。
このようなトラブルが起こらないようにするには、業者選びを丁寧に行う必要です。ペットの火葬に関しては法律がなく、資格も許可も必要がありません。
ホームページなどを見て依頼をする場合は住所や電話番号などの会社情報が丁寧に記載されているか、情報は正しいのか、火葬炉などの写真は掲載されているのかなど確認をすることが大切です。

ペット火葬の探し方として検索まとめを利用する

自宅で飼育しているペットが亡くなった際、最後のお別れをしっかり行いたいと希望する飼い主は多いです。そのため人と同じように最後の供養も含めて、ペット火葬を希望するケースが多くあります。
実際にペットを火葬や葬儀を希望する場合、場所を探す必要がりますが探し方としてインターネットの利用が便利です。
全国で営業しているペット火葬業者を一覧でまとめているサイトがあるので、利用することで直ぐに見つける事が出来ます。
サイト自他は全国から営業している企業を探す事が出来ますが、地域などから絞り込む事が可能です。自分達が生活している地域に絞りこむことで、近い場所の企業を探し出す事が出来ます。
サイト自体は企業自体の紹介だけでなく、実際に利用した飼主の体験談や口コミなども合わせて紹介されているサイトも多いです。
口コミや評価mあわせてチェックする事ができ、複数の企業を比較した上で選ぶ事が出来ます。数多くある企業の中から、より納得できる企業を見つける事が可能です。

ペット火葬をする場合に香典を持参する必要があるか

ペット火葬は亡くなったペットの飼い主やその家族で執り行うのが一般的ですが、場合によっては飼い主にごく親しい友人や、その他ペットに日頃から関わりのあった人々が参列者として招かれることがあります。
こうした場合にとまどってしまうのが、やはり香典を持参したほうがよいのかどうかといったことでしょう。結論からいえば、ペット火葬は人間の葬儀とは違っていまだ決まった形式やマナーがあるわけではありませんので、香典なども用意する必要はないといえます。
逆に喪主のほうでも受け取ってしまえば返礼品を用意さなければなりませんので、かえって気をつかわせてしまうおそれがあります。
それでも強いて何かを持参しておきたいというのであれば、たとえば現金に代えてお花であったりペットのおやつであったりと、祭壇の片隅にでもお供えをしてもらえそうなものを選ぶとよいでしょう。
このようにすれば特に返礼品で相手をわずらわせるおそれはありませんし、亡くなったペットに対する気持ちを伝えることができます。

ペット火葬について詳しく知りたい

ペット火葬 東京

新着情報

◎2022/7/10

情報を更新しました。
>ペット火葬の種類にはどのようなものがあるのか
>ペット火葬では参列者の人数を確認しておく
>ペット火葬で起こりやすいトラブルと対処法
>ペット火葬の探し方として検索まとめを利用する
>ペット火葬をする場合に香典を持参する必要があるか

◎2021/6/9

合同でやると少ない費用で供養できる
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

大型犬のペット火葬の注意点
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

ペット火葬ができる施設
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 可能」
に関連するツイート
Twitter

名前聞かれたらむしろきちんと自己紹介していなかった無作法を謝るエレオノラがいますね!ペットとはいえ言語理解可能なら名乗るのが礼儀だったなと…。 愛称は私がよくわかってなくてあまり考えてなかったんですけど、エリーとかになりそうかなとは🤔

Amazon購入可能 ペット用品の人気度ランキング

【離れている時の心配や不安を取り除く】 子ども、高齢者、ペットの見守りカメラ ✅携帯から遠隔操作(左右に355度回転、上下に 70度回転で死角無し) ✅工事不要(WiFi環境あればOK) ✅自動暗視で暗い場所でも見える ✅遠隔地からでも双方向の音声通話が可能 ✅値段安価

返信先:ワイも三毛猫に片想いしたい ペット可能な物件に住んでる時に、道端の段ボールで待機してる子いないかな🥺

家庭環境に変化が出ましたので、 衣装オーダーのご予約いただいてる方でペットNGだったり猫アレルギーお持ちの方いらっしゃいましたらキャンセル可能ですのでお申し付けください… もちろん作業部屋にはペットは一切入れませんし今後も継続します。作業時は服を着替えて行います。