大型犬のペット火葬の注意点

大型犬のペット火葬の注意点 大型犬といっても色々な犬種がいます。ゴールデンレトリーバーなどはその代表ですが、40kgを越える土佐犬などは超大型となります。大切な家族であっても、いつかはお別れがくるもの。そんな時、犬が大きいだけに火葬をするにも注意点がいくつかあります。
ペット火葬の方法としては主に3種類ありますが、火葬に立ち会って骨が拾えるタイプ。火葬はまかせて骨を返してもらうタイプ。火葬と納骨をまかせるタイプです。
犬が大きくて火葬場に運ぶのが大変な場合には、出張火葬という選択も出来ます。火葬車が自宅に来てくれて、スペースがあればそこで火葬しますが、なければ空き地などで行うことになります。火葬において煙が出ない設計の車ですが、近隣の人への配慮はしておいた方がいいでしょう。
また霊園に出張火葬の車があるとしても、それが大型犬には使えないこともあるので事前に確認が必要です。他に確認しておくポイントとしては、費用とかかる時間です。ペット火葬は体重によって価格を決めているので、大きい犬では高額になります。選択肢として火葬業者が複数あるようなら、比較して決めるのもおすすめです。しかし価格の安さだけで決めてしまうと、納骨後の霊園の管理がよくないこともあるので、評判なども参考にして総合的に判断して選ぶのがいいでしょう。

ハムスターについてもペット火葬をお願いできます!

ハムスターについてもペット火葬をお願いできます! ペットの中でもハムスターは特に小型です。そのため、亡くなってしまった時に火葬は行えないというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。しかし、実際にはそのようなことはありません。人と同じようにしっかりと供養してもらえる「ペット火葬」を利用することができます。その際には、さまざまな方法から好きな火葬方法を選択することも可能です。生前の飼い主にとって大切な家族であったハムスターとのお別れ方法の選択肢のひとつとて、検討してみるのも良いかもしれません。
なお、ペット火葬を専門企業に依頼する場合、まずは遺体をきれいにしてあげましょう。体全体を綺麗に拭いてあげる際には目の周りや足の裏などの汚れやすい部分も丁寧に拭くようにしてください。そして、体の形を整えたら、保冷材などの冷やすものと一緒に箱に入れて涼しい場所に安置します。
また、火葬方法についてもペット専用の施設あるいは移動火葬者に自宅に来てもらう2つの方法があります。希望の方法を選んでしっかりとその別れの瞬間を迎えましょう。

新着情報

◎2024/3/4

情報を更新しました。
>ペット火葬のメリットとは?愛するパートナーへの優しい送り方
>ペット火葬の選択前に知っておきたいデメリット
>ペット火葬とお経が運ぶ永遠の絆を紡ぐ儀式
>ペット火葬・海外の事情と日本の違いに迫る
>ペット火葬と喪服の心得 - 想いを形に残す方法

◎2022/7/10

情報を更新しました。
>ペット火葬の種類にはどのようなものがあるのか
>ペット火葬では参列者の人数を確認しておく
>ペット火葬で起こりやすいトラブルと対処法
>ペット火葬の探し方として検索まとめを利用する
>ペット火葬をする場合に香典を持参する必要があるか

◎2021/6/9

合同でやると少ない費用で供養できる
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

大型犬のペット火葬の注意点
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

ペット火葬ができる施設
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット ハムスター」
に関連するツイート
Twitter

ペット欲しいな 猫かハムスターかはたまたチンチラか

西武鉄道で秩父に行こうと思ったけど人身事故で小手指までしか行けないらしい😥 駅員さん暑い中たくさんの対応お疲れ様です🚉👮‍♂️👩‍✈️ 所沢のペットショップでお買い物出来たし秩父へは又の機会の楽しみにして帰ってハムスターと遊ぶ事にします🐹

ゴールデンハムスターアダルト150匹ほどいます。愛でるも良し、…止めておきましょう。1匹¥200 10匹¥1800 カラー、雌雄指定できません。よろしくお願いします。

返信先:ハムスターがこんなにも触れ合えるペットだとは知りませんでした🐹💕

これいいよ ナチュラルペットフーズ ハムスター・リス 900g PR投稿 2024/07/19 07:06:07の情報です